旭区での塗装工事、破風と雨樋、帯板塗装で耐久性アップ

株式会社塗装職人ブログ
今回は旭区鶴ヶ峰本町で行った、塗装工事の施工風景をお送りします。
前回は1階と玄関周りの外壁中塗りが完了し、今日は破風と帯板の塗装に入りました。
旭区鶴ヶ峰本町:下塗り用のシーラー
旭区鶴ヶ峰本町:破風下塗り
まずは、浸透シーラーをたっぷり下地に塗布していきます。塗料を密着させ、剥がれにくい塗膜に仕上げるためには、下塗りがとても重要な工程になってくるのです。紫外線などによる傷みから保護するため、塗膜の耐久性を高めて長持ちする塗装にする必要があります。
旭区鶴ヶ峰本町:破風塗装後
旭区鶴ヶ峰本町:破風、雨樋塗装後
旭区鶴ヶ峰本町:帯板塗装後
下塗りを終えた場所に、こげ茶色のシリコン塗料を塗布しました。作業途中の写真がないため、仕上がった状態をご覧下さい。
破風板は下地処理の段階から、ひとつひとつ着実に工程を踏んで耐久性が強化されるように仕上げてきました。塗料のみで傷みに対応することには限度がありますので、家を長持ちさせるためには塗替え前の補修は徹底的に行っています。
雨樋はハケで塗料を重ねていきます。写真は少しボケてしまってますが、塗膜の厚みが付加され、光沢がツヤツヤと出てきれいな仕上がりになりました。
帯板は外壁の境界に位置しているので、ここがきれいに塗り上がると、家の引き締め効果があるように個人的に感じます。外壁の上塗りが完了したあとだと、また印象が変わるのではないでしょうか。
次回は外壁の上塗りに入ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top