茅ヶ崎市での施工事例、屋根下塗りと中塗り2回で断熱効果アップ

塗装職人ブログ
今回は茅ヶ崎市矢畑で行った施工の様子をお届けします。施工は一級塗装技能士であり、今年塗装指導員になった星野が行いました。
前回は屋根鉄部にケレンをし、サビ止め塗布をしたので、この日は屋根の下塗りと中塗りを行いました。
こちらの現場で使用するのは断熱塗料のキルコート。
この塗料は熱の伝わりを抑える他にも、太陽光の反射性能もあるため、屋根の温度上昇を双方で抑制できます。冬場は冷たい外気温が室内に侵入することを防いだり、室内の保温効果もあるので、暖房の効きを良くすることも可能となります。
茅ヶ崎市矢畑:屋根断熱シーラー下塗り
茅ヶ崎市矢畑:屋根断熱下塗り後
まずは専用シーラーをたっぷり塗布することで、屋根材を強化しながら、下地と塗料の密着性を高めていきます。スレートに沿ってローラーを転がし、まんべんなく屋根材全体に塗り込んで仕上げました。表面がしっとりしたような状態になったら、しっかり乾燥させて屋根の中塗り1回目を行います。
茅ヶ崎市矢畑:外壁中塗り1回目
茅ヶ崎市矢畑:屋根中塗り1回目完了
屋根は外壁とは異なり、紫外線や風雨を遮るものがあまりありません。常に傷みの要因になるものの前に晒されているというのは過酷な環境とも言えます。屋根を傷みから守り、よい状態を保持するためには厚膜で屋根を保護することが大切になります。
中塗りに使用するのはキルコート主材です。この主材には中空ビーズという、断熱性能の要になる材料がびっしり入っています。この中空ビーズが熱の通過を抑える働きをするのです。
ビーズはふわふわとしており、かなり比重が軽いため、塗料缶の上部に浮いています。断熱性能をまんべんなく発揮させるためには、開封したら、電動撹拌機でよく混合してから使用します。
通常の屋根塗装は3度塗りですが、キルコートでは中塗りを2回行います。これにより、塗膜の厚みはかなりしっかりつきますし、断熱効果も存分に発揮できるようになります。
茅ヶ崎市矢畑:屋根中塗り2回目
中塗り2回目は淡いクリーム色の主材を塗布していきます。色を変える理由はいろいろあるのですが、1回目と違う色にした方が塗り落しや掠れがよくわかるというのが大きいです。
雨押さえや雪止め金具と言った、鉄部も一緒に塗り込んでいます。ローラーの入らない細かな部分には、あらかじめ刷毛塗装をして塗料の付着がまばらにならないようにしました。
屋根全体を塗布して、この日の工程は完了となりました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top