茅ヶ崎市での屋根塗装、屋根鉄部ケレンとサビ止め

塗装職人ブログ
今回は茅ヶ崎市矢畑で行った施工風景をお届けします。
一級塗装技能士の職人・星野が作業を行いました。
こちらのお宅は屋根塗装のみのご依頼、前回は高圧洗浄で汚れをきっちり洗い落としました。
今日は屋根鉄部のケレンとサビ止め塗布(下塗り)に入ります。
茅ヶ崎市矢畑:屋根鉄部ケレン
まずは屋根鉄部のケレンから。ハンドパッドというナイロンたわしで研磨して、汚れやサビを取り除いていきます。
また、凹凸のない表面に微細な擦り傷をつけて、あえてザラザラとした下地にしました。下地がツルっとした状態で塗装をしても、塗料の引っ掛かる部分があまりないため、塗膜が剥がれやすくなってしまうのです。そのため、鉄部の塗り替え前には必ず研磨をして、塗料の食い付きを向上させておく必要があります。
茅ヶ崎市矢畑:屋根鉄部サビ止め塗布
ケレンが完了したので、次は下塗りをします。鉄部の下塗りでは、サビ止めやサビ止め効果のあるプライマーを使用します。サビの発生が見られない雨戸などの場合は、密着性を高めるプライマーを使用することもあります。ここではサビ止めを塗布して、傷みやすい鉄部の耐久性を強化して、長持ちさせていきます。
こちらのお宅の雨押さえは段々になっているので、全て刷毛で塗装することにしました。場所によって塗り厚に差が出ないように、隙間まで材料を塗り込んで仕上げます。密着力を高めても、塗料の厚みがまばらでは性能を存分に発揮できないので、可能な限り均等に塗布していきました。
茅ヶ崎市矢畑:鉄部錆止め塗布後
鉄部全体にサビ止め塗布が完了した状態です。アンテナは錆びており、脚から垂れたサビ汁が屋根を汚していました。ケレンで入念にサビ落としをし、再発しないように、アンテナ全体にサビ止めをたっぷり塗り込んで仕上げました。
茅ヶ崎市矢畑:カバーをかけた足場金具
こちらは足場の金具に梱包材を巻きつけた写真です。雨樋と非常に接近しているため、万が一足場が揺れなどして、接触した際に傷をつけないようにカバーしています。
次回は屋根の下塗り、中塗りといった全体の塗装工程に入ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top