横浜市保土ヶ谷区での施工事例、屋根上塗り2回目と縁切り

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市保土ヶ谷区の現場から塗装工事の様子を掲載します。
先回は屋根の上塗り1回目と2回目のダメ込みをしたので、本日は全面に塗料を塗布して上塗りを完了させます。
横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り2回目完了
鉄部は先に仕上げてあるので、屋根材にキルコートの遮熱トップコートを塗布していきます。2回塗り重ねることで塗膜の厚みが付加されますし、色も鮮やかに発色されます。中塗りの白が透けることなく、艶やかに塗膜が形成されました。
横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り2回目途中
こちらの左面は下側が残っているので、同様に塗布。ローラーはスレートに沿わせた後は縦にも転がしてムラなく、塗膜の厚みが揃うように仕上げました。
上塗りが完了し、乾燥したあとは縁切りをします。
縁切りとは、塗料によって屋根材同士の隙間が埋まってしまったところに隙間を空けることを指します。屋根材の間が埋まってしまうと、わずかに空いている隙間から入った水が吸い上げられて雨漏りの要因になることも考えられます。
はじめての屋根塗装では例外を除き、塗装をしても屋根材の間には隙間があるので行う必要はありません。ですが、今回使用したキルコートのような特に厚膜に仕上がる塗料を使用した場合は縁切りをし、さらにタスペーサーという部材を差し込みます
縁切り自体はカッターや皮スキ(金ベラ)、マイナスドライバーなどで一箇所ずつ地道に空けていきます。乾燥した塗膜は硬化していますし、厚みもあるのでなかなかに骨の折れる作業だったりします。
横浜市保土ヶ谷区:屋根タスペーサー挿入
横浜市保土ヶ谷区:屋根タスペーサー挿入後
横浜市保土ヶ谷区:下屋根タスペーサー挿入後
隙間を空けたあとは、その状態を保持するため要所要所にタスペーサーを挿入していきました。下屋根も上塗り完了後、縁切りをしてタスペーサー挿入をしています。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top