稲城市での屋根塗装、タスペーサー雨漏り対策にも

株式会社塗装職人ブログ

今日の作業はキルコートで上塗りまで完成した屋根の縁切りです。

キルコートは何度も塗り重ねると、とても厚い塗膜になります。
本来 家の屋根は雨水の浸入を防ぐ為に勾配になっていますが、
その隙間が塗料などで埋められて 少ししか隙間が空かなくなると
毛細現象と言われる現象が起こり、吸い上げるように雨水の浸入を許してしまいます。
これが雨漏りなどに繋がり、木部などを腐食させる原因に繋がってしまったりもします。
要は湿気の逃げどころがないということです。
その為、キルコートを使って塗装する家では大体がタスペーサーを使った縁切り作業が必要になります。
縁切りとは屋根の勾配の間にタスペーサーと言われる道具を差し込んで、隙間を空ける作業を言います。
下の写真がタスペーサーです。
2013年6月19日 稲城市にてキルコート屋根塗装縁切り
入れ方を誤ると屋根のひび割れを作ってしまう危険性もありますが、
キルコートのような厚みを作り、ひび割れにも強い塗料との相性は抜群です。
職人が1枚1枚丁寧に、入れていきます。
2013年6月19日 稲城市にてキルコート屋根塗装縁切り
2013年6月19日 稲城市にてキルコート屋根塗装縁切り
これがタスペーサーの差し込まれた様子。
通常の屋根塗装でも絶対にやる必要があると言うわけではなく、最初の塗装の時など縁切りが必要ないお宅もあります。
この辺りも業者側と良く相談しておく必要があります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top