あの猛暑のテレビ密着取材から1年 去年の塗装も暑かった。

いや~猛暑です。

事務所で作業していてもエアコンがちょっと物足りないというぐらい暑いです。
もう扇風機とエアコン全開です!(笑)
これでは職人の飲み物の消費量も4リットル間違いなしです。

数日前までは去年のほうがまだ暑いと思っていましたが、同じレベルまで来たと実感がわいてきております。昨日はなんと40度行ったという他県もあったとか・・凄い。。

さてさて、今年の私はまだ本格的な塗装作業はしていませんが、去年はちょうど1年前猛暑の中で作業をしていました。

そう、フジテレビの密着取材からほぼちょうど1年経過しました。

塗装職人がテレビ放映される

サーモカメラ屋根塗装

懐かしいです。

ちなみにこの時も素晴らしく猛暑でした・・(笑)
1年はあっという間ですね。

まさかコロナのようなものが流行ってしまうなどみじんにも思ってなかった時です。
真夏にマスク着用とか梅雨も今年ほど長くはなかったので現場にしてみればただ暑いだけでの状況でした。

にしてもです。
今年はなぜか見積もり依頼やご相談が毎日ある状態です。

例年はこの暑い猛暑はお客様からの工事は避けられがちなのですが・・
現場のほうも長雨で工事が押していることもあって、かなりいっぱいいっぱいのところまで来ています。

あまりにも暑すぎて遮熱や断熱塗装を追い求めてしまう状況かもしれません。

あわせて読みたい

屋根塗装のパーフェクトクーラーベスト、サーモグラフィーでの温度変化

コロナによる影響はというと、その心配も一時だけで済みそうでとりあえず今はホッとしております。
とはいえ感染予防は引き続き気を引き締めないといけません。

これだけ感染者増のニュースを見ていると、「ワクチンの注射ができるまで絶対掛からないぞ!」という意気込みも焼失してしまいそうですが、自分だけの問題ではなくなってくるので、今後もマスクと手洗いは常識という意識をもって感染予防に努めていきたいと思います。

ただし、現場においては熱中症を避けるためお客様と接する際以外はマスクを外させていただきながら作業をすることもあるのでご了解いただけたらと思います。

普段はこちらのようにマスク着用や除菌スプレーで消毒等をしています。

塗装現場でもコロナ対策を徹底するようにしました。

それではゆっくり休暇をお過ごしください。
盆休み中にどこも行く予定がないので、地味に仕事しかやることがない社長からでした。。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00