屋根の下塗りとサイディングシール、横須賀に飛んで木部の劣化部の確認。

塗装職人ブログ

昨日の現場状況の続きです。

一昨日もお話しした、神奈川区の屋根のスレート屋根です。

当日はサーモアイシーラーの下塗り。

屋根材はニチハのパミール。

強度に難ありなスレートの屋根材ですが、しっかりたっぷりと塗装指導員の原本リーダー率いる職人が塗装させていただきました。

奥さまともお会いさせていただきましたが、きっとというかかなり屋根に対しては御心配なのであろうかとお察ししました。

屋根のカバー工法といっても塗装よりかなり高額になってしまいますからね。

原本も言ってましたが、なんとか様子を見ながらしっかり塗装していこうということで打ち合わせをしておきました。

でもこのお客さまの一角は住宅街なのですが、すでに塗り替えられたお家も多く、ほとんどの屋根も塗装してありましたね。

1件だけカバー工法のお家がありました

P1030923

 

あと問題は換気口廻りのシリコンシーラントです。

やはり一昨日お話ししましたが、シリコンシーラントは塗料が載らないコ―キング材ですが、ここも上手くシール専門職人が処理してくれてたので良かったです。

P1030915

 

目地打ち替えはご覧の通り。

P1030910

 

後はお隣さんとの境界がちょっと幅狭いので、気持ちほふく前進で作業するような感じになりそうです。

P1030904

 

続きましては、地元保土ヶ谷の現場。

りおちゃんが外壁際の地面の砂利をのけて、さらに土を掘っています。

これはより外壁を下の方まで塗装するための事前準備です。

土を掘らないで塗装も可能ですが、何かの拍子で土や砂利がよけられてしまうと、以前の違う外壁の色が見えてしまうためこうして作業しています。

P1030897

 

そして横須賀へ移動。

浦賀です。

横浜横須賀道路で、佐原インターのさの先、ほぼ終点ですね。

ここのお客様宅は、ほぼ築30年。

木部がだいぶ劣化してしまっていました。

破風の塗膜はバリバリに剥がれ、素地がむき出しでカラカラ乾燥状態でした。

P1030888

 

ただし鼻隠し、要するに雨樋がついている木部の場所は、バリバリに塗膜が剥がれことなく生きています。

つなみに光沢がありますが、これはパーフェクトシーラーを塗っているため光っています。

 

P1030879

P1030876

 

軒天井もバリバリに剥がれていました。

ケレンがさぞ大変だったのかなと思いますが、劣化状態でいえばまだいい方と言えるかもしれません。

もっと最悪のパターンだと、皮スキと言って金ベラのようなもので弱くなっている旧塗膜を剥がすのですが、それが終わりなく次々と剥がれていくのですが、ここのお宅の軒天はそれが一部で済んだのでまだ良かった方です。

ただご覧の通り傷みが結構激しい状態でした。

一般的にはケンエースという塗料をぬったりもするのですが、今回はもっと強力なものを塗らなければなりません。

その前にもちろん大工が入ります。

P1030872

 

はがれた塗膜が地面に敷いた布シートに散らばっています。

P1030896

 

屋根は状態はいい方でした。

見た感じ過去に2回ほど塗装してあるのかなと感じました。

P1030866

まだ話がしたいのですが、また今日はこの辺で。

明日はGWあけての日曜日。

ゆっくり休んでくださいね~(^u^)

 

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

    ※印は必須項目です

    ※お名前
    ※ご住所 郵便番号

    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ※電話番号
    ご連絡希望時間帯
    ※メールアドレス
    ※ご用件
    メッセージ

    些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

    ■横浜店
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
    9時~20時 拡大地図はコチラ

    ■東京店
    東京都世田谷区用賀3-13-5
    10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

    Back To Top