旭区での住宅塗装、軒天と破風下地処理、ヒビ割れ補修も

株式会社塗装職人ブログ
今回は旭区鶴ヶ峰本町で行った下地処理の様子をお届けします。施工は一級塗装職人であり、『塗装の先生』こと、塗装指導員でもある川口が担当しています。
前回は断熱塗料による屋根の上塗り2回が完了しました。この日は軒天と破風の下地処理をしていきます。
旭区鶴ヶ峰本町:軒天の隙間
旭区鶴ヶ峰本町:軒天の隙間2
旭区鶴ヶ峰本町:軒天下地処理後
旭区鶴ヶ峰本町:軒天下地処理後2
軒天は継ぎ目に隙間が空いていたり、クラック(ひび割れ)、凹凸が見られました。このまま塗装をしても、塗料だけでは埋めることができないので事前に補修をして平滑に整えておく必要があります。
隙間やひび割れには専用補修材を充てんして平らにならします。凹凸があるところにはパテを盛り、周囲の高さと合わせるようにならします。パテは硬化すると少し肉痩せすることもあるので、その際は再びパテを重ねて平滑に処理します。
旭区鶴ヶ峰本町:塗膜の剥がれた破風
旭区鶴ヶ峰本町:下地処理後の破風
旭区鶴ヶ峰本町:下地処理後の破風2
破風は既存の塗膜が剥がれかかっている状態だったので、ケレンをして傷んだ塗膜を取り除きました。その上からパテを重ねて平らに整えています。
軒や破風に限らず、傷んだ箇所はきっちり修復してから塗替えに入ります。ヘアークラックのような微細なものは塗料で対処できますが、そうでない傷みは根本から処理をしないと、表面上はきれいになっても傷みは進行してしまいます。
さらに傷みのひどい場合は、木部は大工、鉄部は鍛冶屋といった具合に各専門の職人に徹底的に補修してもらったのち、塗装を開始します。
次回は軒天塗装、外壁の下塗りに入ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top