相模原市での屋根上塗り、遮熱塗装で室温改善

株式会社塗装職人ブログ
本日は相模原市中央区で行った塗装工事の様子について掲載します。
担当した職人は一級塗装技能士の星野です。
先回、屋根の上塗り・ダメ込みをして細部を先に仕上げました。今回は屋根全体に塗料を塗布して塗膜をつけていきます。
相模原市中央区:屋根上塗り
中塗りの状態でも塗膜の厚みはあるのですが、さらに上塗りを重ねることで厚膜に仕上げて耐久性を高めていきます。
雨押さえや雪止め金具は塗り終えているので、広範囲はローラーでムラなのないように塗料を行き渡らせます。ローラーは一定方向だけでなく、縦横に転がして厚みを均等に。細部が仕上がっているため、進み具合もスムーズです。
今は夏まっただ中、屋根が熱されると2階(屋根下)の室温もサウナのように蒸し暑くなってしまいますよね。この遮熱塗装を行うことで、屋根に降り注ぐ太陽の赤外線を反射して、屋根の温度上昇を抑制します。どれくらいの効果があるのかといいますと、屋根下の室温をだいたい1階の室内温度と同じくらいに低下させることが可能なのです。
室温が改善することで、エアコンの使用電力を削減できますし、電気代の節約にもなりますね。
相模原市中央区:屋根上塗り途中
こちらは途中経過ですが、塗り上がった面は陽の光を反射して、キラキラとした光沢が輝いています。残りの面もこれまでと同様に仕上げて上塗りの完了となりました。
次回は屋根材の重なりに隙間を空ける縁切りをしていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top