横浜市磯子区での塗装工事、屋根下地処理と鉄部・木部ケレン

今回は横浜市磯子区の現場で行われた塗装工事の様子を掲載します。
前回は家全体の高圧洗浄で汚れをきれいに洗い落し、この日は屋根の下地補修から開始となりました。

横浜市磯子区:屋根材の下地補修

まずはクラック(ひび割れ)のある屋根材に補修材を埋めてならします。塗料にも微細なクラックを埋める性能はありますが、限度があるため専用の補修材を使用してしっかり修復させてから塗替えに入ります。
次は場所を変えて、門扉や庇、破風などの鉄部と木部のケレンを行いました。

横浜市磯子区:門扉のケレン

横浜市磯子区:庇ケレン

横浜市磯子区:破風ケレン

鉄部はサビが発生していたり、鉄・木部では弱った塗膜が剥がれかけているところがあるため、それらをナイロンたわしで擦って削り落していきます。
付着物がある状態で塗装をしても、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。せっかく高級塗料をたっぷり使用して厚膜に仕上げても、すぐに剥がれてしまっては意味がありませんよね。塗装の工程では、塗料を塗ることよりも、このケレン(下地調整)が重要になり、耐久性にも大きく影響してくるのです。
サビや塗膜を落としつつ、全体を研磨することで細かな擦り傷がつきます。わざとつけた微細な傷は、塗料の引っ掛かりとなって食い付きが向上。密着力が強化されるというわけです。

今回は主にマジックロンというナイロンたわしを使用していますが、他にもケレンでは皮スキ(金ベラ)、紙やすりなども使用します。また、平滑な面ではサンダーという電動工具を使用することもあります。

次回は屋根の施工に入っていきます。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top