横浜市戸塚区での外壁塗装、サイディング外壁中塗りで耐久性アップ

今回は横浜市戸塚区で行われた塗装の様子をお送りします。
施工の中心となったのは一級塗装技能士の竹内。

前回、シーラーでの下塗りを終えた外壁に今回は中塗りをして塗膜をつけていきます。

横浜市戸塚区:2階外壁中塗り

色は淡いクリーム色のシリコン塗料をローラーに含ませ端から塗布。軒裏にはマスキングテープで養生をしているので付着の心配はありませんが、塗る手順としては軒付近から始めて広範囲に塗料を行き渡らせています。

サイディング外壁の凹凸模様があるので、ローラーは毛足が長めのものを使用して縦横に転がしながら、谷にもしっかり塗料を付着させます。

横浜市戸塚区:1階外壁中塗り

こちらは一階部分を塗装している竹内(顔が写っていませんが…)。雨樋の裏側になる部分には通常サイズのローラーでは塗りにくいため、小さいものを使用。樋には付着させずに、塗膜をきっちり付けていきます。

場所に応じて道具自体やサイズを変えることで、作業効率を向上させながらきれいに塗り上げることが可能です。

塗装は塗膜で家を保護するため、全体に可能な限り均等な厚膜をつけて耐久性をアップさせました。
次回は上塗りをして外壁塗装は完了となります。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top