横浜市戸塚区でのサイディング外壁下塗りで塗装長持ち

今回は横浜市戸塚区で行った施工の様子をお送りします。

前回は屋根や軒の中塗りを行いましたが、この日は外壁に場所を移して施工開始となりました。

横浜市戸塚区での塗装工事、屋根と軒裏中塗りで遮熱効果アップ

横浜市戸塚区:サイディング外壁下塗り

まずはサイディング外壁にシーラーを塗布して下塗り。
シーラーは下地と塗料の密着力を高め、塗膜を剥がれにくくする役割があります。とても水っぽい材料なので、下に垂らしてしまわないように横、縦にローラーを転がして全体にムラなく塗布していきました。

横浜市戸塚区:サイディング外壁下塗り中

写真の時間は前後していますが、こうしてみると、下塗りしたところはしっとり濡れたような質感になっているので塗った箇所がわかりやすいですね。

横浜市戸塚区:サイディング外壁下塗り後

こちらは塗り終えた面です。

サイディングの目地はシーリングを打ち替えています。

サイディングの外壁塗装

今回のお宅は築15年ではじめての塗替え工事ということで、施工前のシーリングは変色していたり小さなひび割れがところどころ入っている状態でした。

塗替えをする前に、既存のシーリングを全て撤去。
新たに2液のノンブリードウレタンというシーリング材をたっぷり充てんして、肉厚なシーリングを形成しています。この材料は塗料との相性もよく、変色や塗装面に汚れが出にくいタイプのもの。シーリングの上から塗装をせず、剥き出しにするのであれば、紫外線などに強い変性シリコンを使用します。
2液のシーリング材は撹拌をする必要があるのですが、カートリッジ式の1液型と同価格でも、よりたくさんの量を使用できるので、家全体のボリュームのあるシーリング打ち替えには欠かせません。

次回は外壁の中塗りに入ります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top