相模原市での塗装工事、軒・破風上塗りで美観向上

本日は相模原市中央区で行った塗装の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の星野です。

前回、中塗りを終えた軒と破風に上塗りを重ね、塗膜の厚みをさらに付加しながら美観を整えていきます。

相模原市での塗装工事、外壁と軒、破風下・中塗りで耐久性アップ

相模原市中央区:軒上塗り

相模原市中央区:軒上塗り後

まずは軒に白い塗料をムラなく重ねていきます。塗料の乾燥により、色味が少し変化してはいますが、塗り落しがないように確認しながらローラーを転がします。
塗膜は中塗りの時点でもしっかりついているため、より耐久性を高めるため上塗りです。そして、仕上げになりますから、機能性だけでなく美観も向上するように艶やかに塗り上げていきました。

相模原市中央区:破風の上塗り

破風と樋との間は狭く、ローラーが入りにくいため薄い刷毛を使用しています。こちらを差し込んで塗料を奥まで塗り込んでいきました。

足場がない場合、この部分まではっきり見えることはないと思うのですが、塗装をする場所に見える・見えないということは関係ありません。どのような場所も可能な限り、同じように塗膜をつけていきます。

相模原市中央区:破風上塗り2

破風全体は幅が狭いので、ミニローラーを転がして全体に塗料を塗布。通常サイズのもので仕上げるより、余計な塗料の付着が少なく、小回りが利くので効率的なのです。

相模原市中央区:玄関前軒上塗り後

こちらは玄関前の軒が塗り終わったところです。
真っ白な軒からは清潔感と明るさが感じられます。ライトの周囲にはマスキングテープで養生をしているので、これを剥がすことで塗り分けの線がきっちり出るようになっています。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00