川崎市多摩区での屋根塗装、コロニアル屋根中塗り

今回は川崎市多摩区で行った塗装風景をご紹介します。
施工のリーダーとなったのは、一級塗装技能士の竹内。

前回、鉄部サビ止めと屋根材の下塗りを終えている屋根全体に、中塗りをしていきます。

川崎市多摩区での塗装工事、樋と屋根鉄部、屋根下塗りで耐久性アップ

川崎市多摩区:屋根中塗りダメ込み

まずは鉄部のダメ込みから。雪止め金具のように細かな面は、ローラー塗装も可能ですが塗料が垂れたり溜まったりしやすいので、あらかじめ小さな刷毛で塗り込んでおきます。屋根のすぐ下にある小口も刷毛で塗り進めます。

最初に塗装しておくことにより、その都度ローラー作業を中断することなく進められるので効率がよくなります。

川崎市多摩区:屋根中塗り

雨押さえも先に塗装してから、屋根全体に塗料を重ねていきます。使用している塗料の色はマルーン。和名では栗色とよばれることもあり、フランス・イタリア語ではボルドーと呼ばれています。こちらは赤茶色に近く、深みのある色ですね。

ローラーを縦横に転がし、ムラや掠れのないように塗料を行き渡らせて、塗膜を形成します。屋根は外壁と違い、紫外線や風雨を避けらるものがほとんどなく、常にそれらに晒されている環境。しっかりと厚みのある塗膜をつけて、屋根を保護することが大切です。

川崎市多摩区:屋根材の補修

スレート(屋根材)のひび割れを補修材で修復。雨押さえ部分は塗料のきれいな光沢が輝くき、つるつるとした塗布面に仕上がっていますね。

全て塗り終えた写真がないのですが、全面に塗料を塗布して中塗りが完了しました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00