川崎市多摩区での屋根塗装、コロニアル屋根中塗り

塗装職人ブログ
今回は川崎市多摩区で行った塗装風景をご紹介します。
施工のリーダーとなったのは、一級塗装技能士の竹内。
前回、鉄部サビ止めと屋根材の下塗りを終えている屋根全体に、中塗りをしていきます。
川崎市多摩区:屋根中塗りダメ込み
まずは鉄部のダメ込みから。雪止め金具のように細かな面は、ローラー塗装も可能ですが塗料が垂れたり溜まったりしやすいので、あらかじめ小さな刷毛で塗り込んでおきます。屋根のすぐ下にある小口も刷毛で塗り進めます。
最初に塗装しておくことにより、その都度ローラー作業を中断することなく進められるので効率がよくなります。
川崎市多摩区:屋根中塗り
雨押さえも先に塗装してから、屋根全体に塗料を重ねていきます。使用している塗料の色はマルーン。和名では栗色とよばれることもあり、フランス・イタリア語ではボルドーと呼ばれています。こちらは赤茶色に近く、深みのある色ですね。
ローラーを縦横に転がし、ムラや掠れのないように塗料を行き渡らせて、塗膜を形成します。屋根は外壁と違い、紫外線や風雨を避けらるものがほとんどなく、常にそれらに晒されている環境。しっかりと厚みのある塗膜をつけて、屋根を保護することが大切です。
川崎市多摩区:屋根材の補修
スレート(屋根材)のひび割れを補修材で修復。雨押さえ部分は塗料のきれいな光沢が輝くき、つるつるとした塗布面に仕上がっていますね。
全て塗り終えた写真がないのですが、全面に塗料を塗布して中塗りが完了しました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top