相模原市中央区での外壁塗装、サイディング外壁上塗りで美観向上

今回は相模原市中央区で行った施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の星野。

前回は軒と破風の上塗りをしました。

相模原市での塗装工事、軒・破風上塗りで美観向上

今回は中塗りまで完了している外壁に、3度塗りの仕上げ(上塗り)をしていきます。

相模原市中央区:サイディング外壁上塗り

縦樋の裏側にあたる壁には、小さなローラーを使用して塗り落しのないように塗料を付着させています。

相模原市中央区:サイディング外壁上塗り2

エアコンホースカバーの裏は、ミニローラーも入らないほど壁と隣接しているため、ハケを使用。毛先を差し込んで、可能な限り奥まで塗膜をつけていきました。
もう少し隙間がある場合は、ベンダーという、薄い柄に敷布が付けられた道具を使用することも。

相模原市中央区:サイディング外壁上塗り3

広い範囲にはローラーで塗料を行き渡らせて、均等な塗膜をつけていきます。上塗りは、今までにつけた塗膜により厚みを付加して耐久性を高める工程。紫外線や雨風といった、外壁の傷みの要因になるものから保護し、家を長持ちさせるのです。

また、仕上げなので、美観向上の意味合いもあります。塗替えをするのですから、新築とまではいかなくても、それに近い外観を蘇らせたいですよね。塗料のきれいな光沢が現れるよう、ムラなく重ねていきます。
塗り上がった状態の写真がないのですが、軒も外壁も白系になり、スッキリとした印象になったのではと思います。

外壁が仕上がったことで、こちらのお宅での施工も残す所わずかとなりました。次回は雨樋の上塗りに入っていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00