川崎市多摩区での塗装工事、破風と軒裏、雨樋塗装

今回は川崎市多摩区から、現場の様子をお届けします。
施工は一級塗装技能士の竹内が中心となって進めました。

前回はコロニアル屋根の中塗りを完了させ、この日は付帯部の塗装を行っています。

川崎市多摩区での屋根塗装、コロニアル屋根中塗り

川崎市多摩区:破風下塗り

こちらは破風の下塗りをしているところ。刷毛を使用して、横樋の裏側になる部分も塗り込んでいきます。金具周りは小さな刷毛で、広い面には筋交い刷毛を使用してムラなく塗布。道具の使い分けで、きれいに効率よく作業を進めていきました。

軒裏では竹内が中塗りをしています。

川崎市多摩区:軒裏中塗り

下塗りで塗料の密着度を向上させたのち、塗膜をつけていきました。

川崎市多摩区:軒上塗り

乾燥後、上塗りを重ねて、より塗膜の厚みを出しながら仕上げます。塗布しているところは、中塗りより濡れたような状態になっているのがわかりますでしょうか。
光りの具合や、見る角度を変えながら、掠れや透けがないように塗り上げていきます。

川崎市多摩区:雨樋中塗り

雨樋は白い塗料で中塗りを進めているところです。樋の裏側や、『でんでん』とも呼ばれている、縦樋の支持金具を刷毛で塗り込みます。

細部はローラーでは塗りにくいため、あらかじめ刷毛で塗布したあと、ローラーで全体に塗料を行き渡らせて塗膜をつけていきました。道具を替えたことによる継ぎ目を出さないように、ローラーを傾けてならすようにしながら、塗料を重ねて仕上げました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top