横浜市磯子区での塗装工事、養生

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区の現場から、施工風景をお送りします。
担当した職人は、一級塗装技能士の川口。
前回、雨戸や鉄部などの付帯部を塗装し終え、今回は養生の工程に入ります。養生は簡単に説明すると、塗装しない部分に塗料が付着しないように、カバーすることを指します。
また、塗料の付着予防だけでなく、塗り分けの線をきれいに出すためでもあります。美観という点から見ると、はみ出しがないことや、線が真っ直ぐに仕上がっていることが大切になってくるのです。
外壁塗り替え前に、窓やベランダ内、門扉や庇を覆っていきます。
横浜市磯子区:窓の養生
窓はテープとビニールが一体になったマスカーでくるみ、風に煽られないように上からテープで固定。ビニールは煽られると音がバサバサとしてしまい、うるさくなってしまうのです。
場合により、マスカーを足場に固定し、窓が開閉できるような養生の貼り方もします。基本的には、密閉されると考えていただければと思います。
横浜市磯子区:ベランダ内養生
ベランダの床や玄関の土間には、厚手で破れにくいブルーシートを敷きました。歩いた際にずれたり、足を引っ掛けたりしないように、こちらも上からテープでがっちり固定。
雨樋もマスカーで包んで、剥がれてこないようにテープでしっかりくっつけておきます。
横浜市磯子区:鉄門扉の養生
途中まで仕上げている鉄製の門扉もカバーしています。外壁の塗料が付着してしまうと、修正する手間が発生してしまうため、予防策が大事です。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top