相模原市での塗装工事、雨樋上塗りで美観向上

本日は、相模原市中央区で行った施工の様子を掲載していきます。
こちらを担当した職人は、一級塗装技能士の星野。

先回、外壁の上塗りが完了しましたので、今回は付帯部の仕上げ・雨樋の上塗りに入ります。

相模原市中央区での外壁塗装、サイディング外壁上塗りで美観向上

相模原市中央区:雨樋上塗り

相模原市中央区:雨樋上塗り2

下塗りで塗料の密着度を向上させてあるので、シリコン塗料を重ねて塗膜をつけていきます。樋の細かな部分はローラーでは塗りにくいため、あらかじめ刷毛で塗料を塗り込みました。

広い面はローラーを転がし、艶やかでフラットな塗布面に仕上げます。塗膜は厚みを持たせ、紫外線や風雨による傷みを抑制。

相模原市中央区:雨樋上塗り3

こちらは筒状なので、ローラーで全体を塗装。今まで使用していたローラーは飛散が多かったので、雨樋は仕上げまで全て刷毛塗装をしていました。
最近は、含みがよく飛散の少ないローラーを使用するようになったので、時間短縮しながらもきれいな仕上がりを得られるようになりました。

相模原市中央区:雨樋上塗り完了

塗り上がった雨樋は、きれいな光沢が輝き、厚みのある塗膜に仕上がったと思います。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00