横浜市金沢区でのとそ工事、屋根上塗りダメ込みと付帯部ケレン

本日は横浜市金沢区の現場から施工の様子をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。愛犬のダックスフントを可愛がっている職人です。

先回、中塗りをした屋根に上塗りのダメ込みをしていきます。

横浜市金沢区での屋根下地処理、下・中塗りと鉄部ケレン・サビ止め

横浜市金沢区:屋根上塗りダメ込み

横浜市金沢区:屋根上塗りダメ込み2

ダメ込みとはローラーの入りにくいところを、あらかじめハケなどで塗り込んでおくことを指します。細かな部分をローラーのみで塗ろうとすると、塗料が垂れて厚みが部分的に増してしまったり、逆にそれを避けようとして塗り落しが出ることも。全体に均等な塗膜がつくように、細部を先に仕上げてから広範囲に塗料を重ねていきました。

雨押さえはツヤツヤとした光沢が輝く状態になっていますね。雪止め金具や屋根材の目地にも一箇所ずつ塗料を塗り込んで、ダメ込みは完了となります。

次は場所を移動して、付帯部のケレンを進めました。

横浜市金沢区:庇ケレン

横浜市金沢区:シャッターボックスケレン

横浜市金沢区:フードカバーケレン

庇やシャッターボックス、フードカバーの表面をハンドパットで擦り、微細な傷をつけていきます。これは、ツルツルとした下地にわざとザラつきを作り、塗料の食い付きを向上させるために行っています。

塗膜で塗装物を守るので、耐久性があり剥がれにくいことが重要になってくるのです。

目荒しとも呼ばれる、このケレンは塗装においてはとても重要な工程なのです。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00