相模原市での外壁塗装、鉄部上塗りと濡れ縁下塗りで美観向上

株式会社塗装職人ブログ
本日は相模原市中央区にて行った施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の星野。
前回は雨戸の塗替えを終え、今回は付帯鉄部の仕上げや濡れ縁の塗装に入ります。
相模原市中央区:水切り上塗り
こちらは中塗りを完了させている水切りに、小さな刷毛で塗料を重ねていきました。刷毛目を出さないようにしながら、塗料の光沢が出るように塗布。傷みやすい鉄部を長持ちさせるため、より塗膜の厚みをつけていきます。
相模原市中央区:フードカバー上塗り
相模原市中央区:フードカバー上塗り後
同様に換気扇フードカバーも上塗りです。外壁との境界を塗り分けてから、全体に塗料を塗り広げていきました。仕上げということで、美観もアップさせながら塗替えです。
塗装完了させたフードカバーは、つるっとした塗布面に仕上がりましたね。アイボリーのやわらかい色味も外壁と合っています。
次に濡れ縁の作業に入りました。まずは塗替え前には欠かせないケレンを行い、弱くなった塗膜を削り落していきます。下地を整えたのち、下塗りに入りました。
今回使用する塗料はキシラデコールという、木部専用の保護着色材です。こちらは、通常の塗料のように造膜するタイプではなく、内部に染み込んで着色・塗料性能を発揮させる仕様になっています。そのため、木目や風合いを生かしながら塗装することができます。
木部は腐食や、虫に食われてしまうのが心配。という方も多いと思のではないでしょうか。この塗料には、防腐や防カビ、防虫効果があるので、長く木材を保護してくれます。
相模原市中央区:濡れ縁下塗り
相模原市中央区:濡れ縁下塗り
濡れ縁は格子状になっているので、薄い刷毛を側面に差し込んで、隅々まで塗料を浸透させます。広い面は通常の筋交い刷毛を使用して、たっぷり塗布。
相模原市中央区:濡れ縁下塗り途中
このように塗装した面と、していない面を比較すると色味の違いがはっきりわかりますね。
相模原市中央区:濡れ縁下塗り後
下塗りが完了した状態です。次回、上塗りをして、より色の深みが増すように仕上げていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top