横浜市金沢区での外壁塗装、破風・軒裏等ケレンと下塗り

本日は横浜市金沢区にて行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。

先回は窓や基礎、付帯部に養生を行い、今回は破風や軒裏の塗装を行っていきます。

横浜市金沢区での塗装工事、窓や基礎などの付帯部養生

横浜市金沢区:破風ケレン

まずは、ケレン作業から開始。つるつるとした下地に塗料を食い付かせ、塗膜を剥がれにくくするために塗り替え前に研磨をします。下地に微細な傷をつけることにより、塗料の引っ掛かりができるというわけです。

横浜市金沢区:軒ケレン

軒は凹凸模様がありますが、同様に研磨傷をつけて塗料の密着性を高めていきました。

横浜市金沢区:雨樋ケレン

横浜市金沢区:雨樋ケレン後

こちらは雨樋を擦っているところ。使用しているのは、ハンドパッドというナイロン不織布。他にもサンドペーパーなどを使うこともあります。研磨した後は、表面が少し白っぽくなっているのがわかりますでしょうか。

横浜市金沢区:軒下塗り材量

次に軒の下塗りを行います。ここでは接着剤の役割を果たす、浸透シーラーを塗布していきます。まずはローラーの入りにくいところから、刷毛で先に塗布。ムラなく全体にたっぷり行き渡らせます。

横浜市金沢区:破風下塗り

その後、破風の下塗りに入るのですが、施工写真がなく、申し訳ありません。

横浜市金沢区:破風下塗り材量

こちらの破風は塩ビ鋼板でできているので、専用の塩ビゾルウレタンプライマーで下塗りをしていきます。この材料は密着性がとても高いため、従来の塗装法では剥がれやすかった塗膜の耐久性を向上させてくれます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00