川崎市多摩区での外壁塗装、下屋根・付帯部中塗りとヨウ壁下塗り

本日は川崎市多摩区にて行った工事の様子を掲載します。
一級塗装技能士の竹内がリーダーとなって施工を進めました。

先回はモルタル外壁の上塗りを終え、今回は雨戸や、樋などの付帯部、下屋根の中塗りから開始。

川崎市多摩区での外壁塗装、モルタル外壁上塗りで耐久性向上

川崎市多摩区:下屋根唐草中塗り

こちらは下屋根の中塗りをしているところ。雨樋の奥側にあたる、唐草と呼ばれる部分にシリコン塗料を塗布しています。
ローラーでは塗りにくいところのため、平刷毛を使用して、横樋に塗料を付着させないように気をつけながら塗膜をつけていきました。

川崎市多摩区:下屋根中塗り

下屋根の窪みにはスジカイ刷毛を沿わせながら、奥まで塗料をのせます。塗膜をの厚みをできる限り均等に仕上げ、下屋根の耐久性を高める塗装に。

川崎市多摩区:雨戸中塗り

ここでは雨戸の中塗りをしています。
ケレンで下地に微細な傷をつけ、塗料の密着性を高めてから下塗りを経ています。中塗りでは白いシリコン塗料をたっぷり重ね、塗膜に厚みをつけていきます。
雨戸の端は刷毛塗装で、奥まで塗料を塗布しますが、全体はローラーを使用して塗布面を滑らかに塗り上げています。ピカピカの光沢が輝く仕上がりを目指します。

川崎市多摩区:ヨウ壁下塗り

場所を移して、ヨウ壁の下塗りをする職人・竹内です。パーフェクトフィラーという、塗膜の厚みがつく微弾性の材料を塗布。
このヨウ壁は最終的にピンク色に仕上げるのですが、養生を剥がした際に、パーフェクトフィラーの白い下塗り断面が見えてしまわないように、あらかじめ同系色に着色してから使用しました。塗装は美観の向上も意識して施工しています。

かなりぼってりとした材料のため、ローラーをよく転がしてムラなく全体に行き渡らせ、仕上げました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00