横浜市金沢区での外壁塗装、付帯部下塗りと中塗り

本日は横浜市金沢区にて施工の、塗装風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当。

先回は破風や軒裏のケレン、下塗りを完了させました。

横浜市金沢区での外壁塗装、破風・軒裏等ケレンと下塗り

今回はシャッターボックスや雨樋の下塗りを進めます。

横浜市金沢区:シャッターボックス下塗り前

横浜市金沢区:シャッターボックス下塗り

ケレンで研磨傷をつけ、塗料の食い付きを向上させたシャッターボックスに下塗り材を塗布していきます。こちらはサビ止めの効果もあるので、サビの発生を抑制し、傷みやすい鉄部を長持ちさせます。全体にたっぷり塗布して、材料の性能が最大限に発揮できるように。

横浜市金沢区:雨樋下塗り

次は雨樋の下塗りです。こちらも前回ケレンを行い、塗料の密着度を向上させています。下塗りは、接着剤の役割を果たす透明なプライマーを塗布。刷毛を上下に動かし、均等にプライマーを塗り広げていきました。

横浜市金沢区:付帯部中塗り塗料

下塗り完了後は、軒や破風、雨樋に中塗りをします。使用した塗料はハナコレクションの100ファイン。5分艶なので、光沢感は通常より抑え気味に仕上がります。カラーは濃紺に近い色合いです。

施工写真がないのですが、細部は刷毛、広い面はローラーと道具を使い分けて塗料を均等に重ねて塗膜をつけていきました。

次回は軒や雨樋の上塗りと、外壁の下塗りに入っていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00