横浜市金沢区での外壁塗装、付帯部下塗りと中塗り

本日は横浜市金沢区にて施工の、塗装風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当。

先回は破風や軒裏のケレン、下塗りを完了させました。

横浜市金沢区での外壁塗装、破風・軒裏等ケレンと下塗り

今回はシャッターボックスや雨樋の下塗りを進めます。

横浜市金沢区:シャッターボックス下塗り前

横浜市金沢区:シャッターボックス下塗り

ケレンで研磨傷をつけ、塗料の食い付きを向上させたシャッターボックスに下塗り材を塗布していきます。こちらはサビ止めの効果もあるので、サビの発生を抑制し、傷みやすい鉄部を長持ちさせます。全体にたっぷり塗布して、材料の性能が最大限に発揮できるように。

横浜市金沢区:雨樋下塗り

次は雨樋の下塗りです。こちらも前回ケレンを行い、塗料の密着度を向上させています。下塗りは、接着剤の役割を果たす透明なプライマーを塗布。刷毛を上下に動かし、均等にプライマーを塗り広げていきました。

横浜市金沢区:付帯部中塗り塗料

下塗り完了後は、軒や破風、雨樋に中塗りをします。使用した塗料はハナコレクションの100ファイン。5分艶なので、光沢感は通常より抑え気味に仕上がります。カラーは濃紺に近い色合いです。

施工写真がないのですが、細部は刷毛、広い面はローラーと道具を使い分けて塗料を均等に重ねて塗膜をつけていきました。

次回は軒や雨樋の上塗りと、外壁の下塗りに入っていきます。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top