横浜市旭区で羽目板と木・鉄部中塗り等

今回は横浜市旭区の現場で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の星野。

先回は羽目板や付帯部のケレン、下塗りを行いました。

横浜市旭区での外壁塗装、羽目板・付帯部ケレンと下塗り

本日は前回の木部や鉄部、羽目板の下塗り続きから開始。

横浜市旭区:格子下塗り

横浜市旭区:付帯部下塗り後

格子は形状が特殊なので、刷毛で細部まで入念に塗布。塗りムラができないように、均等に仕上げていきました。庇や換気扇フードカバーなども下塗り完了。

次の軒裏の中塗りでは、ケンエースという白い塗料を塗布しました。

横浜市旭区:軒裏中塗り

防しみや防カビ効果に優れ、耐水性なので軒裏などに適した材料だと思います。

横浜市旭区:軒裏上塗り後

中塗りが乾いたあと、さらにもう一度ケンエースを重ねて上塗りです。より塗膜の厚みを出しながら、白くきれいに塗り重ねていきました。

横浜市旭区:鉄部中塗り

横浜市旭区:鉄部中塗り途中

軒の塗替え後は、下塗りを終えた羽目板や木部、鉄部などに中塗りをしていきます。張り替えをしたトタン外壁の上は、塗り分け線がきれいに出るように、マスキングテープで養生をしてあります。

まだ途中段階ですが、塗料を乗せたところは、つやつやとした光沢が出ていますね。

横浜市旭区:庇中塗り

こちらは庇のダメ込み中。外壁との境界は、誤って壁に塗料を付着させないように、先に刷毛で塗り分け線を出しておきます。その後、全体にムラなく塗布して、均等な厚膜をつけます。

横浜市旭区:庇中塗り2

横浜市旭区:軒と塗り分けた庇

軒との境界は色が全く違うので、慎重に塗料を重ねていきました。

鉄部や木部は、モルタルなどの外壁と比較すると、傷みやすい場所と言えます。塗膜の厚みをしっかりつけ、紫外線や雨風から、長く保護してもらえるように仕上げることが大切になってきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00