川崎市多摩区での外壁塗装、門塀中・上塗りと下屋根上塗り

今回は川崎市多摩区で行った施工の様子を掲載します。
こちらの現場では一級塗装技能士の竹内が施工を担当しました。

前回、下塗りを終えた門塀の中塗りから開始。施工途中の写真がなく、塗り終えた状態です。

川崎市多摩区での外壁塗装、下屋根・付帯部中塗りとヨウ壁下塗り

川崎市多摩区:門塀中塗り後

川崎市多摩区:門塀中塗り後2

淡いピンク色のシリコン塗料を塗布し、紫外線や風雨による傷みを抑制するため、全体に均一な厚膜をつけて仕上げました。ポストやインターホン、表札周りにはマスキングテープで養生し、塗料が付着しないようにしてあります。

川崎市多摩区:下屋根上塗り

下屋根では3度塗りの仕上げ、上塗りを進めています。中塗りと同じく、マルーン色の塗料をたっぷり重ね、より塗膜の厚みを付加。美観を向上させつつ、耐久性を高めていきました。

川崎市多摩区:門塀上塗り

再び門塀に戻り、今度は上塗りです。乾燥した中塗りは、上塗りを塗布したところより、色味が濃くなっているのがわかりますでしょうか。塗料は乾燥すると、少し色が濃くなるという特徴があるからです。

この段階まできますと、塗膜の厚みもだいぶつき、ローラーのすべりもよく、軽快に転がしていきます。縦横にローラーを動かし、塗りムラをなくし、均等に塗料を行き渡らせて仕上げました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00