横浜市磯子区での外壁塗装、外壁ダメ込みと木部ケレン・下塗り

今回は横浜市磯子区の現場で行った、施工の様子をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。

前回はモルタル外壁の上塗り、養生剥がしを終えました。

横浜市磯子区での外壁塗装、外壁中塗りと上塗りで耐久性向上

今回は上塗り終えた箇所の細部を塗り込んでいきます。

横浜市磯子区:外壁養生剥がし後

横浜市磯子区:外壁養生剥がし後2

こちらは塗装、養生剥がしを終えて仕上がった状態。

横浜市磯子区:仕上げ塗装

横浜市磯子区:仕上げ塗装2

木枠や窓枠周りは、もう一度マスキングテープで養生をして、塗り分け線が真っ直ぐに仕上がるようにしました。この上から塗料をハケで重ねていきます。

横浜市磯子区:外壁ダメ込み

写真のような隙間がわずかしかない部分にも、コシのある刷毛を差し込んで奥まで塗り込みました。
細部は主に美観の向上を目指して、塗装しています。わずかな塗り残しや、掠れなども目を凝らして見つけ、仕上げていきました。

外壁塗装が完了したので、次は木部の施工に移ります。

横浜市磯子区:木部ケレン

横浜市磯子区:木部ケレン

まずは破風板のケレン。弱くなったり、剥がれかけている塗膜を皮スキで削り落しているところ。さらにゴワゴワのナイロンたわしで全体を研磨し、塗膜を落としつつ、微細な擦り傷をつけました。こうすることで、下地と塗料の密着性が高まり、剥がれにくい塗膜に仕上げることが可能です。

塗装の工程の中では、意外に思われるかもしれませんが、このようなケレン作業に時間を占める割合が高いです。このケレン(下地調整)が塗装の持ちを左右する、重要な作業だからです。

横浜市磯子区:木部下塗り

横浜市磯子区:木部下塗り後

ケレン後は木部専用の下塗り塗料、1液ファインウレタンを塗布していきます。下塗りに専用の材料を使用することにより、塗膜の肉持ちをよくし、木部の状態を長く保持させます。刷毛で全体にたっぷり塗り、塗料の性能が発揮されるように。

以上でこの日の施工は完了となりました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top