横浜市金沢区での外壁塗装、軒・樋上塗りと外壁下塗り

今回は横浜市金沢区で行った施工の様子をお送りします。
職人は一級塗装技能士の川口。

前回は付帯部の下塗りと中塗りを終え、今回は軒と雨樋の上塗りから開始しました。

横浜市金沢区での外壁塗装、付帯部下塗りと中塗り

塗装中の写真がないため、上塗りが完了した状態をご覧ください。

横浜市金沢区:樋上塗り後

横浜市金沢区:軒上塗り後

先回、中塗りに使用した5分艶の塗料を、もう一度全体に塗布しています。より塗膜の厚みをつけることで、耐候性を高め、塗装が長持ちするように仕上げ。光沢は抑えられているので、落ち着いた質感になったのではないでしょうか。

次は場所を外壁に移し、下塗りを行いました。

横浜市金沢区:外壁下塗り

この下塗りでは、浸透性のシーラーを全体にたっぷり塗布していきます。シーラーとは、簡単に言うと接着剤の役割を果たす材料です。下地と塗料をしっかり密着させ、塗膜を剥がれにくくさせるために塗布します。

また、このシーラーは傷んだ下地の内部に染み込み、補強や吸込み止めの機能もあるのです。下地の状態が整っていないと、中塗り塗料を吸込んで塗りムラができてしまう…というような状況も考えられます。

もし、チョーキングという、白い粉をふいたような塗膜の劣化現象が起きている場合には、入念な洗浄とシーラー塗布で、ガッチリ下地を固めるように対処します。シーラーの塗布が不十分ですと、塗膜が剥がれやすくなってしまうため注意が必要です。

横浜市金沢区:外壁下塗り後

外壁の全体に塗布が終わり、下地の表面が塗れてしっとりしたような状態になりました。これで外壁塗装の下準備が完了です。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top