横浜市金沢区での外壁塗装、付帯部中塗りと上塗り

本日は横浜市金沢区にて行った施工の様子を掲載します。

担当職人は一級塗装技能士の川口。

まずは軒と破風の上塗りをしたのですが、施工の写真がありません。ご了承ください。

中塗りでつけた塗膜の上に、さらに塗料を重ねて厚みを加えていきました。塗装は美観目的もありますが、塗替えするものを長持ちさせるために行います。日々の紫外線や風雨の影響を抑制し、塗膜によって耐久性を高めます。

横浜市金沢区:付帯部中塗り用塗料

次にシャッターボックスや、庇のスチール部分を中塗りしました。

刷毛やローラーを使い分けて塗膜をつけていきます。外壁との境目や細部は小回りの利く刷毛でしっかり塗料を乗せ、その後、ローラーでムラなく全体に塗料を行き渡らせます。鉄部は塗布面をできる限りフラットに塗り上げ、つるっとした状態に仕上げていきます。

塗料は軒や破風に塗布した色とは少し違う色合いです。
艶は同じく5分艶有りなので、落ち着いた光沢が得られます。水性塗料であれば、他にも3分艶やツヤ消しなどもあります。ですが、ツヤ消しの場合は、塗料が持つ防汚機能が抑えられてしまうため、できるだけツヤのあるタイプをおすすめしています。

横浜市金沢区での外壁塗装、軒・樋上塗りと外壁下塗り

横浜市金沢区:シャッターボックス中塗り完了

こちらは中塗りが仕上がったシャッターボックスです。刷毛目もなく、つるっとした塗り上がりになりました。この上に上塗りを重ねて、より厚膜に仕上げていきます。

次回は養生や外壁の中塗りに入ります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00