東京都大田区での屋根塗装、鉄部ケレン・下塗りと屋根下塗り

株式会社塗装職人ブログ
今回は東京都大田区で屋根鉄部のケレン・下塗り、屋根の下塗りを行いました。
職人は一級塗装技能士の星野が担当しています。(一人での施工のため、腕しか写っていませんが…ご了承ください。)
東京都大田区:屋根鉄部ケレン
まずは雨押さえなどの鉄部をケレンです。ケレンとはサビや汚れを落とす作業のことをいいます。ここでは、ハンドパッドというナイロンたわしで入念に研磨。
また、鉄部全体に細かな擦り傷をつけることで、下地と塗料の食い付きが向上されて、塗膜がしっかり密着してくれます。何もせずに塗装をすると、鉄部のようなつるっとした下地は塗膜が剥がれやすくなってしまうので、この研磨作業がとても重要になってきます。
東京都大田区:屋根鉄部クギの打ち直し
雨押さえを留めているクギが抜け出ていたため、ケレンの途中に打ち直しをしています。築年数が経過しているお宅の屋根では、どうしても釘抜けが起こりやすくなります。地震などによる家の動き、歪みなどが重なり、釘穴から徐々にクギが緩んで飛び出してくるのです。塗装をする際には、このような打ち直しもきっちりしておきます。
東京都大田区:屋根鉄部下塗り
東京都大田区:屋根鉄部下塗り後
ケレン後は下塗りです。今回、屋根は遮熱塗料のサーモアイを使用します。太陽の赤外線を反射することで、屋根温度の上昇を抑制する働きをしてくれます。真夏の屋根下の部屋はサウナのように暑くなることがありますが、遮熱塗料で室温も低下させることが期待できます。(この遮熱塗料を使用した施工事例はこちら
下塗りはサーモアイ専用のプライマーをたっぷり塗布。このプライマーにも遮熱性能があるので、下塗りから上塗りまでトータルで日射効果を発揮させます。塗料の性能を存分に発揮させるため、惜しみなく使用していきます。細かな部分は平バケに持ち替えて隅々まで入念に仕上げました。
東京都大田区:庇ケレン
東京東京都大田区:庇サビ止め塗布
東京都大田区:庇サビ止め塗布完了
庇も同様にケレンをして汚れを落としながら、研磨傷をつけました。ここは赤錆び色のサビ止めを塗布して下塗りです。名前が表すように、サビの発生を抑制する材料を全体に塗布して、傷みやすい鉄部の耐久性を強化しました。外壁との境を塗るときは、壁に付着させないよう慎重に。小口も塗り込んで完成です。
東京都大田区:屋根下塗り
東京都大田区:屋根下塗り中
次は再び屋根に戻り、屋根材にシーラーを塗布して下塗りします。サーモアイ専用の白いシーラーをローラーでたっぷり行き渡らせ、屋根材を強化しながら塗料の密着性をアップさせました。
このシーラーは、造膜性にも優れているので、厚みのあるきれいな塗膜に仕上げることができそうです。全面に下塗りを終えたら、この日の工程は完了となります。
次回は屋根の中塗りや、養生に入ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top