横浜市保土ヶ谷区での鉄部塗装、鉄骨サビ止め塗布で耐久性向上

本日は横浜市保土ヶ谷区で行った、施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士、塗装指導員の星野。

今回は、前回の施工でケレンを行い、サビや弱った塗膜を落とした鉄骨の下塗りに入ります。

鉄部塗装で最も注力するのはケレン作業。なぜなら、下地と塗料をしっかり密着させて剥がれにくくするための工程だからです。
塗装というと、どうしても塗料を塗ることに注目がいきがちですが、そこも もちろん大切なのですけれど、その前段階が長持ちする塗装のためには重要になってきます。

ここではその次の工程、下塗りでサビ止め塗料を塗布します。サビ止めには、サビの発生を予防して、鉄部の耐久性を高める役割があります。鉄部や木部は雨や紫外線を浴びることにより、傷みやすくもある部材。状態を保たせるために、たっぷり塗布して塗料の性能を発揮させていきます。

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨サビ止め塗布

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨サビ止め塗布2

鉄骨の凹凸があるため、主にハケ塗りをする職人・星野。梯子に上り、見上げる体勢になりながら、白いサビ止め塗料を塗っていきました。

幅の広いところ、狭いところや凹凸がありますので、大きさの違うハケを使い分けながら細部にまで、くまなく塗布。

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨サビ止め塗布中

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨サビ止め塗布3

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨サビ止め塗布後

仕上がりの色は薄いグレーになるので、サビ止めは白を用いて、下塗りの色が上に透けて見えないようにしています。サビ止めは他にも、赤錆び色や茶色、グレーなどがあるので、上塗りに合わせて色の選択をします。

鉄骨全体に塗布をし終えて本日の工程が完了しました。次回は中塗りと上塗りを行って仕上げていきます。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top