横浜市磯子区での屋根塗装、屋根ダメ込みと枠・樋上塗りで耐久性向上

本日は横浜市磯子区での施工風景をお送りします。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。
前回は木部の上塗りを行い、今回は屋根のダメ込みや枠・雨樋の上塗りを進めました。施工写真は樋のものしかないのですが、ご了承ください…。
横浜市磯子区:雨樋下地調整
こちらは中塗りをした樋にサンドペーパー(紙やすり)をあてて擦り、表面を滑らかに整えているところ。こうすることにより、仕上がりが平らに、美しく塗り上げることができます。
横浜市磯子区:雨樋上塗り
研磨が完了後、刷毛で上塗りを重ねていきます。3度塗りすることで塗膜の厚みがつき、耐久性が向上。また、塗料の持つ光沢を出してツヤツヤとした仕上がりを目指します。塗布するときは、刷毛目が出ないように塗料を置くように塗り重ねていきました。
次回は大屋根の上塗りダメ込みなどを進めていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top