横浜市磯子区での外壁塗装、屋根上塗りダメ込みと枝切り

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区にて行った施工風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。
まずは、中塗りまで終えている屋根の上塗り、ダメ込みを行いました。
ダメ込みとは、通常サイズのローラーが入りにくいところを、先に塗装しておくことです。刷毛や小さなローラーを使うことで、隅々まで塗料を行き渡らせることができますし、部分的に塗膜が厚くなることも予防。全体を塗るときも作業がしやすくなります。
横浜市磯子区:屋根上塗りダメ込み
横浜市磯子区:屋根上塗りダメ込み2
こちらは雨押さえ部分を塗装したところ。この後も上塗り作業を続ける予定だったのですが、突然雨が降ってきてしまったため、ダメ込みのみで中断することに。
午後からは、フェンス塗装のための準備を開始。
横浜市磯子区:フェンス脇の植木
横浜市磯子区:フェンス脇の植木2
外壁とフェンスの間にはたくさんの植木類があったので、お客様の了承を得た上で、作業ができるように枝切りをしました。
横浜市磯子区:植木枝切り後
フェンス際に生えていた部分を切らせていただき、ご覧のようにすっきりとした状態になりました。これで塗替え作業も行いやすくなったと思います。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top