川崎市麻生区での外壁塗装、屋根中塗りと外壁下塗り

本日は川崎市麻生区での施工風景をお送りします。
一級塗装技能士の職人、竹内がリーダーとなって施工を進めました。

前回はトタン屋根の中塗りダメ込みが完了しましたので、今回は屋根全体に塗料を塗布して塗膜をつけていきます。

川崎市麻生区での外壁塗装、草木刈りと屋根中塗りで耐久性向上

川崎市麻生区:屋根中塗り

先ほども書きましたが、トタンの瓦棒部分(凸凹部)は刷毛塗りをして仕上げてあるので、平面部分を一気にローラー塗装。ローラーのみでも塗れないことはないのですが、均一な厚みの塗膜、そして美しく仕上げるためには刷毛塗りがポイントになります。

川崎市麻生区:屋根中塗り2

川崎市麻生区:屋根中塗り3

だんだんと塗り上がっていく様子です。塗料の持つツヤツヤとした光沢も輝いていますね。塗膜に厚みをつけていくことで紫外線や風雨による傷みを抑制し、トタン屋根の状態を保持させるように仕上げます。

川崎市麻生区:外壁下塗りダメ込み

屋根の次は場所を外壁に移し、下塗りの工程に入りました。外壁もトタンですので、ファインプライマーⅡというサビ止め塗料を使用。
壁の縦に入った目地には、屋根同様に刷毛でダメ込みをしていきます。目地幅は狭いので、平たい形状の目地刷毛(人形刷毛とも)を差し込んで、上下させながら奥まで塗料を行き渡らせていきまた。

川崎市麻生区:外壁下塗り

ダメ込み後は外壁全体をローラー塗装です。ローラーは刷毛目が出ないように短毛のものを使用して、ムラなく平滑に塗布します。継ぎ目を出さないためにも、一回で塗る縦幅は長めに。

次回は屋根や外壁塗装の続きと軒裏での施工になります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00