横浜市金沢区での外壁塗装、サイディング外壁・屋根上塗りと養生ばらし

本日は横浜市金沢区で行った塗装の様子をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。

先回は、ベランダ周りの外壁を下塗り・中塗りしましたので、この日は3度塗りの仕上げを行いました。

横浜市金沢区での外壁塗装、養生、外壁下塗り・中塗りと付帯部

横浜市金沢区:外壁上塗り完了後

塗装途中がなく、完成した状態の写真です。中塗りから、さらに塗膜をつけて艶やかな光沢の輝く仕上がりになりました。

横浜市金沢区:屋根上塗り塗料

屋根は中塗りを終えた状態でしばらく時間が経過していましたが、今回、上塗りのダメ込みと全体を塗装して塗替えが完了しました。雨押さえなどの鉄部と細部を先に塗り込み、全体に塗料をしっかり行き渡らせて塗膜が均一な厚みになるように施工。

横浜市金沢区:養生剥がし

外壁の塗替えが完了したあとは、養生ばらしに入ります。塗料の付着予防や、塗り分け線をきれいに出すために張っていたビニールとテープを剥がしていきます。

横浜市金沢区:雨樋の養生剥がし

塗装した雨樋をくるんでいたマスカー(テープ付きビニール)を剥がすと、きれいな状態で現れました。シャッターの周りは塗り分けのラインがきっちり出ていますね。
塗料は完全に乾いてしまうと、テープがきれいに剥がれなかったり、塗膜片が落ちてしまうこともあるので、半乾きくらいの状態で撤去していきました。

横浜市金沢区:束ねたメッシュシート

横浜市金沢区:シートを束ねた外観

作業後、天候が荒れそうだっため、足場周りのメッシュシートを束ねています。
シートが風に煽られて当たると足場を揺らしたり、傾いて外壁に衝突する恐れがあるため、風の通り道を作ります。施工完了後も、足場解体まで日が空く場合は、シートを束ねておきます。

大方の外壁の塗替えが完了し、工事も残す所わずかとなってきました。

次回は玄関周りの軒や、付帯部の塗装に入ります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top