川崎市麻生区での外壁塗装、外壁上塗りと雨戸塗装

今回は川崎市麻生区での施工風景を掲載します。
一級塗装技能士の竹内が中心となり、作業を進めていきました。
まずは、先回中塗りをした外壁に上塗りをしていきます。
川崎市麻生区:トタン外壁上塗り
同じ色なので違いがわかりにくいかもしれませんが、今塗っている箇所のほうが少し色味が薄く感じられます。これは、塗料は乾燥すると色味が若干濃くなるという特色があるため。
塗り残しがないように確認しつつ、すみずみまで塗料を行き渡らせていきます。フラットな壁なので、塗り継ぎの線が出ないように、キリのいい場所まで縦にローラーを転がして仕上げます。
上塗りをすることで、より塗膜の厚みがつき、耐久性が向上。また、艶やかな塗布面に仕上げて美観を向上させました。
川崎市麻生区:雨戸ケレン
次は場所を移して雨戸のケレンに入りました。こちらはサンドペーパーで研磨をしています。
鉄部は下地がツルツルとしているため、そのまま塗装してしまうと塗膜が剥がれやすくなってしまいます。そのため、塗り替え前には微細な擦り傷をつけて、塗料の食い付きを高めることで塗装を長持ちさせます。
川崎市麻生区:雨戸下塗り
ケレン後は透明なプライマーを塗布して下塗りです。こちらも塗料の密着力を高める、接着剤のような役割を果たします。刷毛を上下に滑らせ、全体にムラなくたっぷり塗って、材料の効果を発揮させました。
川崎市麻生区:雨戸中塗り
下塗りが完了したあとは、シリコン塗料で中塗りをしました。ローラーで全体を塗ることもありますが、今回は刷毛のみで塗装。雨戸の端は塗りにくいので、つつくようにしながら奥まで塗り込み、その後一段ずつ全体に塗料を塗布していきます。刷毛目を出さないように気をつけながら、艶やかに仕上げていきました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top