横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、養生と付帯部下塗り

塗装職人ブログ
本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の川口、同じく一級の星野です。
今回はまず養生から開始。
横浜市保土ヶ谷区:水切り養生
横浜市保土ヶ谷区:ガレージ付近養生
水切りやガレージの窓、付近の柵などをマスカーというテープ付きのビニールで覆っていきました。塗替え中の塗料の付着を防ぐため、そして塗り分けの線をきれいに出すために行っています。
次に破風、軒裏、帯板の下塗りとして、浸透シーラーをたっぷり塗布しました。
横浜市保土ヶ谷区:破風の下塗り
横浜市保土ヶ谷区:軒下塗り
シーラーは塗料の密着力を高める、接着剤のような役割があります。せっかくつけた塗膜がすぐに剥がれては意味がありませんので、長持ちするようにムラなく行き渡らせていきます。
透明な材料なので、見る角度を変えながら塗り落しがないように、細部まで塗布。表面がしっとりと濡れたような質感になるよう仕上げました。
横浜市保土ヶ谷区:塗膜を除去した破風
破風は塗膜が剥がれかけているところがあったので、ケレンで剥離している部分を取り除いてからシーラー塗布。
横浜市保土ヶ谷区:補修した破風
その後、破風には塗膜が剥離していた部分と、継ぎ目の隙間が空いている箇所に、シーリング材を充てんして平らにならします。段差があるまま塗装してしまうと、その部分の仕上がりがよくないためです。
それから、軒裏や破風、横樋の中塗りを開始。
横浜市保土ヶ谷区:軒中塗り
軒にはケンエースという、防カビ、しみ止め効果のある白い塗料を塗っていきました。厚みが均等になるように刷毛とローラーを使い分けて、隅まできっちり塗り込みます。
中塗りでも真っ白になっていますが、上塗りを重ねることで、より白さの増した肉厚な塗膜になります。
横浜市保土ヶ谷区:雨樋・破風中塗り
横樋と破風板も現状に近い色合いの塗料で塗替え。樋と破風板の重なり部分にも刷毛を差し込んで、奥まで丁寧に塗装。
塗布面は滑らかになるように、刷毛目を出ないように仕上げました。
横浜市保土ヶ谷区:換気窓塗装
換気窓部分もシリコン塗料でつややかに塗り上げています。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top