川崎市麻生区での外壁塗装、テラス鉄骨ケレンでサビをキレイに

今回は川崎市麻生区で行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士の竹内が中心となって作業を進めました。

前回は付帯部の上塗りが完了し、この日はテラスに場所を移してケレン作業です。テラスは大部分が鉄骨でできており、塗膜の剥がれやサビの発生が多数ありました。塗装を長持ちさせるため、塗替え前にしっかりケレンを行って、塗膜が下地に密着するように施工していきます。

川崎市麻生区:テラス手すりケレン

テラスの手すり部分では、竹内がディスクグラインダー(サンダー)という電動工具を使用してケレンをしています。これは本体に取り付けられた円盤状のディスクが高速回転して、研磨していく道具。

手すりの表面、側面を撫でるようにしながら研磨します。ずっと押し当てているとそこだけ厚く削られてしまうのです。
このとき、削り取られたサビや塗膜などが粉になって飛び散るので、周辺の養生を念入りにすることはもちろん、職人もゴーグルや防塵マスクが必須の作業になります。

テラスの下では、骨組み部分などのケレンをする職人ふたり。

川崎市麻生区:テラス下ケレン

こちらは溝があるので手作業でケレン。皮スキ(金ベラ)で鉄部をカンカンと叩いて、すぐに落ちる弱った塗膜とサビを落としてから、表面を削り取っていきます。

以前、このテラス下に生える草を取り除いたので、動くスペースはありますがそれでも足元は土ですし、身をかがめての作業は大変だったりします。
それでも、塗装はこのケレンをどれだけ丁寧に行ったかどうかで、持ちが変わってきてしまうので、黙々と作業です。

可能な限り、サビと弱った塗膜を取り除いて本日の施工は完了です。
次回はサビ止めを塗布して下塗りをします。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top