逗子市での外壁塗装、丁寧な養生でキレイな塗装

今回は逗子市桜山のお宅で行った施工の様子を掲載していきます。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。

前回は玄関周りの外壁の中塗りと上塗りをして3度塗りを仕上げました。この日は外壁全体を塗装する前段階として、養生を行います。

逗子市桜山:窓の養生

逗子市桜山:出窓の養生

外壁を塗る際、塗料が余計な箇所に付着しないように、窓などをマスカー(テープ付きビニール)で覆っていきます。
ビニールのたるみがあると、風に煽られたときにバタバタと音がしたり、塗替え中の外壁に付着することも考えられるため、ピンと貼っています。

逗子市桜山:軒の養生

また、養生は塗り分け線をきれいに出す役割もあります。軒にはマスキングテープを貼り、窓は養生を固定しているテープ部分が仕上がりの線になるため、真っ直ぐに貼ることが大切です。

テープは途中で剥がれてきたり、塗料漏れが起きないように手でしっかり押さえておきます。

逗子市桜山:窓の養生2

換気用の窓にはマスカーの上からテープを貼り、そこに切り込みを入れて空気を入れ替えできるようにしました。

窓の養生は基本的にはぴったり全体を覆ってしまいますが、部分的に換気ができるように配慮させて頂いています。場合によっては、マスカーを足場に固定して傘のように広げた形状にすることも。

養生が完了したのでこの日の作業は完了、次回は外壁の下塗りと中塗りです。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top