横浜市磯子区での外壁塗装、小壁下塗りと木部上塗り

本日は横浜市磯子区にて行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当。

先回は木鉄部のケレンと下塗りを進め、この日は母屋の小壁の下塗りから開始。写真がないのですがご了承ください。

横浜市磯子区での外壁塗装、付帯部ケレンと下塗りでサビもキレイに

使用したのは浸透シーラー。
塗料の密着力を高め、塗膜を下地から剥がれにくくするための材料です。水のようにサラサラのシーラーを、小壁の表面がしっとりするくらいに、たっぷり塗布して下準備。

次は木部の上塗りに入りました。

横浜市磯子区:破風上塗り

通常、塗装は3度塗りが基本ではありますが、場所や傷みなどに応じて塗り回数は増減します。ここでは2度塗りで仕上げていきます。

下塗りの完了している破風にシリコン塗料をたっぷり重ね、塗膜を厚くつけていきました。樋に誤って塗料を付着させないように気をつけながら、刷毛で奥の方までしっかり塗り込みます。上塗りをしたところはツヤツヤとした光沢が輝いていますね。

横浜市磯子:下塗りした破風と軒桁

横浜市磯子区:破風、軒桁上塗り

こちらでも破風と、軒に連なっている木部(軒桁)を上塗りです。刷毛目を出さないように塗料を重ねて、塗布面をきれいに仕上げます。厚膜をつけて、紫外線や風雨による傷みを抑制させる塗装へ。

横浜市磯子区:庇、窓枠上塗り中

雨戸の木枠や、ひさしも同様に仕上げてこの日の施工は完了となりました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00