逗子市での外壁塗装、外壁下塗りと中塗りで耐久性向上

本日は逗子市桜山で行った施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。

先回は塗り替え前の工程として、ビニールやテープを使用して養生作業を行いましたので、この日はいよいよ外壁に塗料を塗っていきます。

逗子市での外壁塗装、丁寧な養生でキレイな塗装

まずは下塗りから。
ここで使用する材料は浸透シーラー。水のようにサラサラとした液体で、下地と塗料をしっかり密着させ、剥がれにくい塗膜に仕上げます。簡単に説明すると、接着剤のような働きをするのです。

シーラーはサイディングの表面がしっとりとするくらいに、十分な量を塗布。ローラーは縦横に転がして、目地内にもきっちり行き渡らせます。

逗子市桜山:外壁下塗り

こちらが塗布後の外壁です。

下塗り後は水性シリコンセラUVを使用して中塗りをしました。対抗性や防汚性に優れた、環境に優しい塗料です。
色はアンティークホワイトという、薄っすらクリームがかった白色。そして3分ツヤなので、通常のツヤ有り塗料より光沢が抑えられています。

ローラーにたっぷり塗料を含ませ、サイディングの縦横に転がして、ムラのないよう目地内にも塗膜をつけていきます。
塗装は塗膜で家を保護する役割がありますから、塗膜が剥がれにくいことはもちろん、厚みをつけて耐久性を向上させる必要があります。

逗子市桜山:外壁中塗り後

逗子市桜山:外壁中塗り後2

こちらが中塗りを終えた面です。サイディングボードの模様部分にも塗膜がきっちり付けられています。全体が明るくスッキリと、そして柔らかな印象も感じられます。

残る面の中塗りを全て完了させて、この日の施工を終えました。

次回は外壁の上塗り作業です。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00