横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、軒天仕上げと外壁中・上塗り

本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った施工の様子をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。

この日は玄関周りの軒と外壁の仕上げに入りました。施工途中がないため、下は仕上げの完了した写真です。

横浜市保土ヶ谷区:軒、壁仕上げ後

軒天はたっぷりと重ねた塗料で白くすっきりと塗り上がっています。外壁は細部を先に刷毛塗装してから(ダメ込み)、ローラーで目地内まできっちり塗料を行き渡らせて肉厚な塗膜をつけました。塗り分け線をきれいに出すために貼っていた養生をこの後、剥がしていきます。

横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗りダメ込み

次は3階の外壁塗装に移ります。ここでは中塗りと上塗りのダメ込みを行いました。こちらは上塗りのダメ込みをしているところ。サイディングの横目地内にも塗料を充分に塗布するため、ローラーでは塗りにくいので大きさの違う刷毛を使用して細部まで塗り込んでいきました。

横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗りダメ込み2

中塗りと違う色の塗料を使用して、塗り残しや掠れがわかりやすいようにしています。窓周りもローラーで塗れないことはありませんが、均等にきれいに塗膜をつけようとすると刷毛の方が作業性がよいのです。

横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り後

横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り後2

ダメ込み後、全体を上塗りして3階の外壁塗装は完成です。シーリング部分や目地内もしっかり塗膜で覆われています。

横浜市保土ヶ谷区:養生

横浜市保土ヶ谷区:雨戸養生

次回は1、2階の外壁塗装に入っていきます。

塗装しない箇所には、ご覧のような養生をして塗料の付着予防をします。雨戸や戸袋にはマスカー(テープ付きビニール)をかけて、足場と固定。

横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、養生と鉄部・木部塗装

こうすることで雨戸の開閉ができるので、空気の入れ替えが可能になります。

養生は密閉が基本となりますが、部分的に窓の開閉ができるように配慮させていただきました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top