逗子市での外壁塗装施工事例、外壁上塗りで耐久性向上

本日は逗子市桜山で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。

前回は外壁の下塗りと中塗りまで進めたので、この日は上塗りをして仕上げとなりました。

逗子市での外壁塗装、外壁下塗りと中塗りで耐久性向上

例のごとく、一人での作業のため途中経過の写真がありませんがご了承ください。

ここで使用した塗料は、中塗りと同じくシリコンセラUV。色はアンティークホワイトです。少しクリームがかった白色で、やわらかな雰囲気です。

逗子市桜山:外壁上塗り後

上塗りは3度塗りの仕上げなので、塗装面を整えながら、より塗膜の厚みをつけていく工程となります。塗装は美観目的もありますが、家を保護することが主な目的になりますので、厚膜に仕上げて紫外線や風雨による傷みを抑制させます。

逗子市桜山:外壁上塗り後2

外壁全体に上塗りが完了した様子です。
サイディングボードに沿わせてローラーを転がしながら、均等に塗料を塗布して目地内にも付着させるため、縦にもローラーを転がして仕上げました。

逗子市桜山:外壁上塗り後3

ベランダの窓周りもスッキリときれいに仕上がっていますね。木製手すりとの色の組み合わせも、良い感じになっているのではないでしょうか。

逗子市桜山:外壁上塗り後4

破風や雨樋は中塗り段階ですが、ツルツルとした塗布面になっています。

さらに上塗りをして付帯部も完了となります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top