横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、外壁下塗りと中塗りで耐久性向上

本日は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当です。

先回は玄関周りや、3階の外壁を仕上げました。

横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、軒天仕上げと外壁中・上塗り

この日は1,2階の外壁を塗り替えます。まずは浸透シーラーを塗布して、塗料の密着力を高めます。

外壁の塗膜が剥がれることは、付帯部や屋根に比べて少ないですが、シーラー不足で剥離していると思しきお宅も見受けられますので、たっぷり塗ります。

横浜市保土ヶ谷区:外壁下塗り

塗った面は色が少し濃くなっているのでわかりやすいですね。足場の上には付帯部塗装に使用する黒い塗料が置かれています。

横浜市保土ヶ谷区:外壁下塗り後

全面に下塗りが完了しました。

下塗りが終わったので、乾燥時間を置いてから中塗りを開始します。

横浜市保土ヶ谷区:外壁中塗り

玄関周りでも使用した濃いオレンジ系の色の塗料をローラーで塗布して、塗膜を厚く形成。縦だけでなく、横にも転がしてムラなく行き渡らせました。降りしきる紫外線、または雨や風から家を守るため、塗膜は厚く耐久性を持たせることが大切です。

横浜市保土ヶ谷区:外壁塗り分け

外壁は帯板を挟んで色が変わるように塗っています。模様も異なるので、印象が変わりますね。また、クリヤーで仕上げる場所もあるので計3種の塗り分けをしてることになります。

横浜市保土ヶ谷区:庇塗装

こちらはひさしの塗替えをしているところ。先ほど足場に置いてあった黒の塗料を使用して艶やかに塗膜をつけていきます。

外壁との隣接面は、刷毛のみで見切り線を出しました。マスキングテープを使えないところでは、養生なしで塗ることになるので職人の腕が発揮されると言えるのではないでしょうか。

横浜市保土ヶ谷区:外壁中塗り後

中塗りを終えた外壁です。窓枠まわりやサイディングの凹面にも、しっかり塗料が塗り込まれました。

次回は上塗りをして、より塗膜の厚みをつけて仕上げます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00