横浜市磯子区での外壁塗装、フェンス木と鉄部ケレン

本日は横浜市磯子区で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。

先回は母屋の付帯部を仕上げましたので、今回はフェンスの木部と鉄部の作業に入ります。

横浜市磯子区での外壁塗装、木部と破風など付帯部上塗り

まずは塗り替え前には欠かせないケレン(下地調整)です。

横浜市磯子区:フェンスケレン

鉄部のサビを落としたり、木・鉄部ともに弱った塗膜を取り除いて、下地と塗料の密着度を高める工程。

横浜市磯子区:簡易足場

フェンスはお客様の敷地を囲むように設置されているので、足場はありません。そのため、脚立と足場板を複数組み合わせて、簡易足場を作りました。

横浜市磯子区:フェンスケレン2

金ベラやワイヤーブラシなどを使って、サビと塗膜を削り落していきます。サビはかなり頑固なので、全てを除去することはできないのですが、可能な限り取り除きました。

また、全体を擦ることで下地に細かい傷が付くので、それが引っ掛かりとなって塗料の食い付きがよくなります。鉄部や木部塗装では、剥がれにくい塗膜をつけるための工程がとても重要なため、時間をかけて作業しています。

ケレンが終了したあと、板金技能士でもある、大工の内田が登場。

横浜市磯子区:職人と大工

横浜市磯子区:木柵計測中の大工

フェンスの左端が腐食が激しいので、大工工事をするための調査に来ました。この場所は、施工前は植木が生い茂っていたので、その水分が伝って腐ってしまったのではないかと思われます。
計測と、修理方法を決めてこの日の工程は完了となりました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00