横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、外壁上塗りと雨戸塗装

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った、施工の様子を掲載します。
担当の職人は一級塗装技能士の川口。
先回は1、2階の外壁を中塗りしたので、この日は上塗りを開始します。
横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り
中塗りまでにつけた塗膜に、より厚みをつけて塗装の耐久性を向上させます。また、3度塗りの最終工程なので、美しい塗布面に仕上げて美観もアップさせていきました。同じ色の塗料で塗替えていますが、中塗りした箇所は乾燥しているので、少し色味が濃くなっています。ローラーを縦横に転がして、サイディングの凹凸にも丁寧に塗料を塗っていきます。
別の場所では雨戸塗装をしています。まずはサンドペーパー(紙やすり)で雨戸のケレン。表面を擦って細かな傷をつけることで、つるつるの下地に塗料が食い付きやすくなります。塗装をはがれにくくさせるために、念入りに行いました。
ケレン後はマスキングテープで、雨戸の四隅を養生。ここは塗装しない場所なので、塗替え中に塗料が付着いないように覆います。
養生をしてから、透明なプライマーを塗布して下塗りです。雨戸にサビが発生している場合は、サビ止めを塗布しますが、今回は見受けられないため、密着力を強化するプライマーを使用しました。刷毛で端から一段ずつ塗り込んで、全体に行き渡らせます。
横浜市保土ヶ谷区:雨戸塗装
下塗り完了後はシリコン塗料で塗膜をつけていきます。まずは豚毛などの、毛にコシのある刷毛で端に塗料を塗り込みます。柔らかい刷毛ですと、奥まで届きにくいのです。端側の塗装後、ローラーで全体に塗料を塗布。
以前は全て刷毛塗装することが多かったのですが、最近は塗料の含みがよく、飛散の少ないローラーで仕上げることが増えました。こちらの方がスピーディーに、きれいな塗布面に仕上げやすいです。
横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り後
横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り後2
3度塗りを終えた外壁です。凹凸もきっちり塗り込まれていますし、全体には塗料のきれいな光沢感が輝いています。
徐々にお宅の塗替えが完成に近づいてきました。次回はガレージの外壁をクリヤー塗装します。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top