横浜市磯子区での屋根塗装、下屋根塗装で耐久性向上

本日は横浜市磯子区での施工内容をお届けします。
担当の職人は一級塗装技能士の川口。

先回は木・鉄製フェンスのケレン作業をしました。

横浜市磯子区での外壁塗装、フェンス木と鉄部ケレン

横浜市磯子区:シートの巻上げ

この間、天気が荒れそうな日があったので、足場のメッシュシートを巻き上げて風に煽られないようにしておきました。
シートが煽られることで足場が揺れたり、傾いて外壁を壊すことも考えられますので、天候の悪化が予測されるときや、工事完了後、足場解体まで時間の空くときはシートを巻き上げます。

今回は下屋根に上り、塗替え作業をします。まずはトタン屋根部分のケレンから開始。

横浜市磯子区:トタン屋根ケレン

横浜市磯子区:屋根ケレン後

サビや剥がれかけている塗膜を金ベラで削り落したり、ナイロンたわしでゴシゴシ擦って取り除きます。傷み具合によって、全てのサビを除去することはできませんが、可能な限り落とすことで塗料の密着力を高め、剥がれにくい塗膜に仕上げます。

こちらのお宅の屋根は、最近の主流であるコロニアルと、今作業しているトタン、そして瓦が混在しています。瓦は塗装しませんが、屋根の種類に合わせた工程・塗料で長持ちする塗装に仕上げていきます。

横浜市磯子区:トタン屋根下塗り

ケレン後のトタン屋根にはサビ止めを塗布して下塗りしました。この材料は名前に通り、サビの発生を抑えて、鉄部の耐久性を高める下塗り材です。上塗りの色に合わせて、ここでは赤錆び色を使用。全体にたっぷり塗布して、サビ止めの性能を発揮させます。

横浜市磯子区:屋根上塗り

コロニアル部分は以前中塗りを完了させているので、同じシリコン塗料で上塗り。塗膜の厚みを付加して、紫外線や雨風に耐えうる塗装に仕上げていきます。
仕上げた外壁に塗料を付着させないように気をつけながら、端から全体に塗料を行き渡らせます。

横浜市磯子区:屋根上塗り後

こちらが上塗りを完了させた状態。
陽の光が当たり、塗料の光沢がきらめいています。足場のジャッキベースや、雨樋は紐で持ち上げて、接地面もしっかり塗りました。乾燥するまではこの状態で保持。

次に大屋根の縁切りをしました。

横浜市磯子区:屋根縁切り

横浜市磯子区:屋根縁切り後

屋根の重なりが塗料で詰まった状態だと、雨水が浸入した際に吸い上げられたり、逃げ場がなくなって雨漏りに繋がる恐れがあります。それを防ぐために隙間を空けて、排水が行われるように最終作業です。水切り用カッターを屋根材の重なり部分に差し込んで、スライドさせていくことで隙間ができます。これを屋根の全面に地道に繰り返し、縁切りの完了です。

次回は再びフェンスの塗替えをしていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00