川崎市麻生区での外壁塗装外壁下塗りと中塗りで耐久性アップ

本日は川崎市麻生区での施工風景をお届けします。
担当職人は自身も川崎在住、一級塗装技能士の竹内です。

今までは母屋の施工をしていましたが、今回はそのお隣に立つ事務所の塗り替えをしました。

川崎市麻生区での外壁塗装、木部塗装上塗りで美観向上

こちらのモルタル外壁はパーフェクトフィラーで下塗り。

川崎市麻生区:外壁下塗り

パーフェクトフィラーは微弾性なので、クラックに柔軟に対応しますし、ぼってりとした材料なので肉厚な塗膜に仕上げることができます。その濃厚さのため、塗る際に手間はかかりますが、仕様書通り適切に希釈してたっぷり塗布。モルタルの肌はザラザラしているので、ローラーは力を込めて転がし、凹面にもしっかり塗り込んでいきました。

川崎市麻生区:外壁下塗り後

全面に下塗りが完了しました。外壁以外の、下塗りまで終えたひさしなどの鉄部や、塗装のしないものはマスカー(テープ付きビニール)で覆い、塗料が付着しないように養生をしてあります。また、養生は塗装物の塗り分けの仕上がり線にもなるので、真っ直ぐに貼って美しい線に仕上げます。

下塗りから時間を置いて、乾燥させた後は外壁の中塗りです。

川崎市麻生区:外壁中塗り

淡いベージュ系の色のシリコン塗料を塗布して、塗膜をつけていきます。まず、ドア周りや窓枠周りなどのローラーが入りにくい所を、ハケで仕上げていきました。専門用語でダメ込みと言いますが、先に細部を塗ることで、効率よく全面に塗装を進めていくことができます。

ローラーを縦横に転がし、塗料の厚みにムラがないように仕上げていきました。今回使用した塗料は、水性シリコンセラUV。耐久性が高く、低汚染性といった機能があります。しっかりと厚膜を形成して、紫外線や雨風から家を保護してもらいます。

次回は上塗りをして外壁塗装の完了となります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top