横浜市瀬谷区で屋根上塗りで断熱性能アップ

本日は横浜市瀬谷区での施工風景を載せていきます。
担当職人は一級塗装技能士の星野。

前回、断熱塗料のキルコートで中塗りをした屋根に1回目の上塗りを行います。中塗りは2回塗布して、断熱性能を発揮する厚膜に仕上げました。

横浜市瀬谷区:屋根上塗り

上塗りでは遮熱トップを塗布して、お客様のご希望の色に仕上げつつ、太陽光を反射する塗装に仕上げます。こちらも2回塗りにして、下地の色が透けないように発色させていきます。

使用した色はパリスブルー。いわゆる紺青色ですが、この遮熱トップはグレー系にも見えますね。
屋根材に沿って、また縦にもローラーを転がし、たっぷり塗布していきました。

横浜市瀬谷区:刷毛で屋根上塗り

雨押さえの段差部分など、ローラーだけで塗ると塗料がぼってり付着してしまうような細かなところは、ハケで均等に塗り上げています。

横浜市瀬谷区:屋根上塗り後

全体を仕上げて、上塗り1回目は完了しました。
次は付帯部の塗装に入ります。

横浜市瀬谷区:雨樋下塗り

雨樋にミッチャクロンという透明なプライマーを塗布して、下地と塗料の密着力を強化します。ツルツルの下地の上にそのまま塗料を重ねても、塗膜が剥がれやすくなってしまうため、長持ちするように、接着剤の役割をする下塗り材をしっかり塗り込みます。

横浜市瀬谷区:横樋下塗り

縦樋の次は横樋にも全面に塗布していきました。透明な材料なので、見る角度を変えながら塗り落しがないように仕上げます。

横浜市瀬谷区:樋下塗り

こちらは破風との間を塗っています。平バケを使用して、このような隙間の中も入念に塗布。見えにくい、塗装しにくい場所だとしても、通常の塗装面と可能な限り同じように作業します。

次回は引き続き付帯部の塗装、そして養生に入ります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top