横浜市磯子区での外壁塗装、フェンス塗装で耐久性アップ

今回は横浜市磯子区での施工風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。

この日の工程は、前々回にケレンをしたフェンスの塗り替え作業に入ります。フェンスは鉄部と木部が混在した仕様。下塗りにはサビ止め効果のあるパーフェクトプライマーを使用しました。この材料はさまざまな下地との密着性に優れており、柔軟性が高いので木部のような、呼吸によって伸縮する材質にも適しています。

横浜市磯子区:フェンス下塗り

横浜市磯子区:フェンス下塗り2

刷毛とローラーを駆使してフェンス全体に充分にプライマーを塗布していきます。

横浜市磯子区:フェンス下塗り後

下塗りが完成がしました。左端部分は大工による補修工事を控えているので、その作業が終わり次第、塗替えをします。下塗りの乾燥時間を置いたのち、シリコン塗料で仕上げです。

横浜市磯子区:フェンス上塗り

明るい茶色の塗料をたっぷり重ねて厚膜に仕上げていきます。細かな部分はスジカイ刷毛や平筆を使い分けて、奥まで塗料をきっちり塗り込みました。塗膜の厚みが極端に違うと耐久性に影響が出るので、可能な限り均等に仕上げて長持ちする塗装に仕上げます。

木部も鉄部も下地が雨ざらしになってしまうと、腐食に繋がる恐れがあるので塗膜でしっかり保護して傷みを抑制します。また、雨だけでなく紫外線による劣化もありますので、塗装膜で守るということが大切になります。

横浜市磯子区:フェンス上塗り

裏面の途中経過。鉄部はツヤツヤした光沢が現れています。

横浜市磯子区:フェンス上塗り後

横浜市磯子区:フェンス上塗り後

補修工事をする箇所を残し、フェンス全面の塗装が完了しました。下地の凹凸が少し出てはいますが、塗料をふんだんに使用して耐久性の高い保護膜をつけられたと思います。

次回は鉄部の上塗りを行います。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top