横浜市瀬谷区でサイディングシール補修と軒裏上塗り

本日は横浜市瀬谷区の現場から施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の星野と曽根カズです。

先回は、軒裏の下塗りと中塗りをしましたので、この日は上塗りをして仕上げとなります。

横浜市瀬谷区での外壁塗装、軒裏下と中塗りで耐久性アップ

その前に、まずサイディング外壁の補修を行いました。

横浜市瀬谷区:外壁のビス穴

横浜市瀬谷区:ビス穴補修

横浜市瀬谷区:補修ヘラ均し

横浜市瀬谷区:ビス穴補修後

サイディングボードを固定しているビス穴が多数露出しているため、ボンドコークという補修材を注入してゴムベラで平らにならします。そのまま塗装してしまうと見た目がよくないため、しっかり平らに修復をして対処。目地やサッシ窓にはいつもの2液シールを完成させています。

横浜市瀬谷区:軒裏上塗り

次に軒裏の塗替えを開始しました。
中塗りの状態でも塗膜はきっちりついていますが、さらに厚みを持たせて耐久性を高めます。軒裏の四隅や目地部分を先に刷毛塗装して、細かな部分にも塗料を行き渡らせてから全体を仕上げていきます。
中塗りと上塗りで色の違いがわかりづらいので、光りをかざして塗り漏れを防ぎながら塗布しました。

横浜市瀬谷区:軒裏塗装後

こちらが仕上がった軒裏です。
シリコン塗料をたっぷり重ねて、厚みのある塗装に仕上がりました。軒が真っ白に仕上がると、とてもスッキリとした明るい印象になったような気がします。

次回は外壁の下塗り、中塗りに進んでいきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00